緊箍児

小舟から...鉄の斧...そして...

遠い昔...遥か銀河系の彼方で Ⅰ

合間合間に”自分にも”言い聞かせているんだが.... ”嘆き”や”悲嘆”に明け暮れるためにこうして吐露するのだったら... 「止めた方がいい」 とは思っている。 それぐらいの注意はしているつもり。 話戻して....父親の言動は...時折憎悪を抱いてしまうぐらいに醜…

「大志」の項あたりでも書いたと思うけど.... 目標とか、希望とか、前向きと言うんだろうか? そういった類の具体的なイメージが....ない。 というか思い浮かばない。 学生だった頃はよく書かされる機会もあったりしたんだが.... 今覚えていないぐらいに....…

防止策

そんな頃からだ。 父親の素行には腹の立つことばかりなんだが.... 怒る前に少し間を置くようになったのは。 自分にも...こういうところ”ある”んじゃないかな?....と。 大体の場合が...”ある”。 哀しいかな....それがDNAというものなんだろう。 いくら実の父…

最初っからやり直し!

父親譲りのDNAというか.... そんなDNAを持った父親の教育の影響か... どんなことに対しても....「急ぐ」習性になっていた。 いや、今もそう。 自分で気が付いてくようにしていないと... 大体急いでいる。 意味も理由もない。 パブロフの犬のように。 ”普通”…

もう終わりだって遠くないというのに....(笑)

まあ...そんな感じ、で.... 気が付いたのは遅すぎたんだけれども...気が付いてしまった以上は.... と言うか...「せっかく気が付けたのだから」... 残り少ない”今後”であっても....「知らん顔」で済ますのはやめようか、と言うところ。 つまり.... 知らないこ…

”同じ”なら「同じ」だろ。

この...「あわてて答えを出してしまう習性」に「待った!」をかけだしたのは.... ごく最近。 長く見積もっても...せいぜいここ3年...と言ったところ.... ということは.... 随分と長い間....「あさはかな判断」をしてきたことになる。 その通りだ。 しかも哀…

あさはか

氷山の一角説とも似ているが... 世の中は....テストやクイズではないので.... ゆっくり じっくり 考えてこそ「わかること」や「見つかる答」も山ほどある。 いや、むしろ”普通”はそうじゃないのか? なのに... コンピューターの判断よろしく.... 早押しクイ…

氷山の一角

よく....「氷山の一角」って例に使われる。 それを使用するのがこの場合正しいのかどうかはわからないんだが.... 例えば....「見えない部分」を”億”とするなら.... 自分や父親は....見えているたったの...「一」....を知っただけで.... ”億”まで「わかった!…

単なる錯覚

そう.... ”父親”という名称を用いつつ.... 「自分のこと」を書いているわけだ。 ここは自分でも未知の領域なんだけれども.... 小さな頃から父親に嫌悪感を抱いていたことだって.... そこに.... 「自分の醜悪さ」 を見るからであって.... まだ、そんなにやや…

「オメーが言うなよ」の俺が言う。

説明の難しさを感じている。 阿保だから(笑)だろう。 別に... 自分が「聖人君子」と思ってもらいたいはずもなく、 勿論!そんな資格があるはずもなく! いや、そんな自分がまさかの方向に向かうしかない...ってなことで、こんな例を持ち出したんだけれども…

それ、偽物の鍵でしょう?

いやいや....父親の話を書いていると....ついつい熱くなってしまう.... 悪口を羅列したいわけじゃない。 自分のDNAにもある”負なる素質”を炙り出し、追い出したいのだ。 それと.... 「聖人君子」はやっぱりちょっとニュアンスが違う.... そもそも頭が悪いの…

爽やかさのカケラもない

けっして「聖人君子」を目指しているわけではないんだけれども.... 父親を反面教師としていたならば... いつしかそんな方向になっている。 もちろん聖人君子にゃなれないし なりたくもないんだが... ある種「聖人君子」が人間が成功して幸せになるための 「…

俺はこんなに凄いんだ

正月は.... 父親を見る機会に恵まれた...? 相変わらずだ。 いや、変わろうはずもない。 何一つ自分が”おかしい”などとは思っていないのだから.... 通った扉は全て開けっ放し。 飲み物を飲みながら歩き回る。 家庭内スタバか。 食べ物を口に入れながらしゃべ…

新参者

さあ休みは終わった。 昨年の年末年始が2日に一度は会社に出向いたことを思うと.... 随分と余裕があった。 加えて毎年の年末年始よりも休みがちょと長かったから.... せっかくなので、かなり広範囲に掃除、整理整頓をした。 しかも...割と早くに予定分が終…

ゴルファー認定失格者

もうかなり前にもなるんだが... ”練習だけ”は続けていたゴルフを完全に辞めたのもそんなところから... 控え目に言わせていただくなら.... 「私目のような分際が立ち入る場所ではない」 を”確信”したから。 いやいや「コースはともかく練習場なんてそんな大げ…

死ぬまで働きなさい法案

この年末年始は、いつもより長かったこともあって.... 随分と掃除・整理整頓は捗った。 本日もうひと頑張りするなら...大体の予定以上に出来上がる。 というわけなので、昨日ぐらいから少々仕事の準備もスタートさせている。 本当はもう少しノンビリしていた…

今年も下人の分際です

人生遅まきながら少しはわかってきたのか? 民主主義と共産主義の主義主張も嘘臭い。 どっちにしたって "万民平等"なんか実現していない。 金(かね)を持つ奴。 金を大量に動かせる力を持つ奴。 独りではないかもしれない。 が、万民ではない。 むしろ限られ…

割れたら....買えばいい

年末は大掃除に明け暮れた。 いつもより一日休み早かったこともあって 「本当に能書きばっかで間に合わねー旦那だ」 と思われるのが嫌だったので.... よく働いた年末だった。 さらにはWindows7終了に向けて4台も更新作業をしたので、寝ているのか酒飲んでい…

ナイスな判断(古!)

「ガキ使」も「紅白」も途中までで....寝た。 子供達と鑑賞していた頃には、会話のために無理にでも起きたりしていたんだけれども... というか....普段の食卓でもそうしていたけれども.... いつしかそれを止めている。 深い考えはない。 ゴルフの練習を止め…

毎日楽しくないのは不幸ですか?

年末にウジウジとみっともない話を書いているんだが.... しょうがない。 年末だろうと、年始だろうと、自分の思考の順序が変わるわけでもないので.... たまたま順番的なところに.... 年末・年始が来てしまっているだけ。 受験生だってめでたくもない年末・年…

疲れやすい

こうやって書いていると.... 「"下り坂"って表明している割には、”やる気満々”じゃねえか....」 やら 「”下人”と称しているくせに、年甲斐もなく、のしあがろうと意気揚々じゃねえか....」 と、思われるかもしれないが.... 違う。 範囲が違う。 方向も違うし…

最近は....うだうだと父親の悪口を書いてきたんだが.... 同じDNAを持つ身としては...「反面教師」のように利用させていただいている... こすっからくサボる。すぐにいい気になる。人を嘲笑することで自分を浮き上がらせて見せる。影での努力は惜しむくせに表…

堂々巡り

一年・一年と学校行事じゃあるまいし、そんなにも暦の進行に忠実に未来はやって来ない。 まあ、予想される来年の節目は.... 3月、6月、そして12月なんだろう。 あわよくば....の締め切りは.... さ来年の3月。 とりあえず、そこまでは.... 手を抜くこと…

五年先なんて....

”今年”をスタートさせてみたものの.... あまりの体たらくに.... さらなる”新たな目標”を企てたんだろうが.... 望みを持てば持つほどに... 能力の低下や身分の違いを確信するだけで.... それが... 「下り坂の人生」や「下人」という表現になった。 それは...…

昨年の12月

"月締め"を毎月25日頃から始める。 今月は...当然にも”今年の締め”も意識した。 なんだか昨年とは随分と違う気がした。 なので、ちょっとブログを遡ってみた。 やっぱり違った。 昨年はやる気というものがない。 「目標を達成した」 とかホザいているが....…

要領...良いのか?

実際、DNAに導かれるように...似たような仕事に就いた... いや、このことについてもいずれ書くような気がするが.... 大志どころか人生とか進路とかに目標というものがなかったので.... 「流れのままになってしまった」んだろう... だから...「ああすればよか…

後ろ髪は切りましょう

真面目に書いていることに飽きてきた。 ”事実” なのでいくらでも出てくる。 キリがない..... それでも随分とみっともない話を続けてきたのは.... 思春期に決別をし....「真逆の道を歩んできたもの」と思い込んでいたものが.... こんなブログなんて書くように…

DNAには逆らえるのか?

マメ.... というのとは違うと思う。 それは恐らく”人のため”の部分もあると推測する。 おびただしい人に嫌らしいほど凝った年賀状を送り、それを自慢する。 ”出すから””来ている”だけなのに... 1枚も出さずして....たくさんの年賀状が来るなら自慢してもらっ…

そんなにも過去が大事か

「そこまで言うのは父親に失礼だ」と言った人も居るんだが.... 「十分に中身も知らないくせに指導のような助言を言う方が常識として失礼だわ」と思っている。 ってか、自分の評価なんてどっちでもいい。 親父は一体何を重んじているのか、お寺へも、教会への…

DNA

有難いことに子供たちはほぼ独立し、まあまあに育った。 まあまあで十分。 ダースベイダーにさえならなければ.... ただ...注意をソッチに払ってもいたので.... もう少し...勉強だとか、進学だとか、就職だとかに熱心になってやった方が良かったかな?と 親と…