鉄の斧

下り坂研究日誌~より良い下り坂人生にするために~

飴と鞭

もう.... 気分的には全然”下り坂”ではなくなってきた。 ”のんびり”というわけじゃないが.... もう少し...静かに、冷静に、虎視眈々と? ある意味...悠々自適な方向に....舵を切って....長い下り坂を楽しむように.... と気持ちを切り替えたところだったのに..…

気をつけようね

加齢とともに.... センチメンタルさは相当に薄れてしまっていると自覚する。 それでもどこかに残っていて.... ”別れ”だとか”辞める”だとかの際には... 過去の不出来を身勝手に抹消して... 随分と美しく感傷的なエンディングを想定したりする。 小説家とか演…

集大成とはこのことか

「下り坂」の人生に落ち着き始めたのに「覚悟を決めた」は矛盾しているようなんだが.... そうでもない。 いろいろと支障があって何もかもを公開するわけには行かなくて断片的な話で分かりづらいだろうけれども..... 順番だ。 ①「下り坂」に入ったことを確信…

「腹積もりは決まった」

自分じゃもう少し確認すべきことがあるんじゃないか?とも思うんだが.... 「期間の利益の遺失」というものもある。 80年慎重に確認作業に従事して一歩も踏み出せない人生ってのも..... というわけで取り合えず....右も、左も、上も、下も、前も、後ろも確…

どうなってんだ?

想像以上に忙しくなってきた。 最低限の所用とノルマはこなして今ビール。 「忙しいならビールなんか飲んでんじゃねえ」と言われればそれまでなんだが.... ビールぐらいしか楽しみもない。 他にもやっておいた方がいいことは山ほどあるんだが.... 今は....そ…

「下り坂」に入る前に

何なんだ前回の文章は。 強がっているというよりも、言い聞かせているようで.... しっかり”動揺”が見てとれるじゃないの。 ま、そういうことだ。 これが自分の力量であり、その力量を恐らく超えている事態と対峙しなければならない時が来て.... ビビってるん…

「時間です。」

「下り坂路線」受け入れで、感情を抑えられることも多くなって...少しばかり落ち着いて暮らせるようになってきたというのに.... 少々発奮しないといけなくなりそうだ。 まあ、仕方が無い。 自分だけが暮らしているわけじゃないし、競争もあるだろうし、なに…

堂々巡り

「気がついたら....”もとの場所に立っていた”....というような話がよくある。 実に共感する。 山の中でも、街の中でも、 「あれっ?コレってもともと居た場所じゃない?」ってと。 が、”その場所”は”実はとても大事な場所(ポイント)”であるように思うのだ…

リアリスト

最近...「神の思し召し」という言葉が気に入っている。 「しょうがない」....に通じるものがあるのかもしれないが.... ”投げやり”ではなく”前向き”に捉えている....つもりで。 諦める場合の「かっこうの言い訳」かもしれない。 それでも...「それ以上の被害…

断ち切る

とはいうものの.... 最近じゃあ自分の記事を更新するのが精一杯で なかなか皆さまのブログを読む時間までの余裕がない。 なので、申し訳ないが.... ほぼ走り読みだ でも、感心する。 内容にも、文章にも、写真にも そして、そんな人が大勢居ることにも。 ま…

俺はお前らとは違う

今、思うと”自惚れ”を超えてもう”お粗末”なんだが.... ”はてな”に来る前は....これでも.... 「文章を書くのは上手な方なんだろう」....と思っていた。 いやいやこの告白さえお恥ずかしいんだが.... 文章だけじゃない。 お見せする内容や生活も充実していると…

いや、全然出来てないんだけど

このブログでよく書くように以前は相当に自惚れていた。 いや、今だって結構修正したつもり.....になっているだけなのかもしれない。 まあよくあるように視野が狭い。井の中の蛙。だったからだ。 そして割と近しい父親と先輩に昔の自分を見ている。 彼らには…

誰に媚び諂ってんの?

訳あって....面接を手伝ったりすることがある。 失礼ながら事業?とは言えないほどのささやかな働き口にも最近じゃあリクルートスーツでやって来るのが定番だ。 かつてはこんな光景なかった。 一体誰に媚び諂っている? それが社会の常識なのか? ...妙に哀…

”大志”の前に必要なこと

このところは「異常な運転事故」のニュースの方が強調されているんだけど.... 少し前には「先生による....○○...」だったり、DVだの、■■ハラスメントだったり、部活の....スポーツ指導の.... なんてニュースが頻発していた。 そして....教師には「心の病」…

一旦落ちつこう

今週はけっこう忙しくて.... 「いつも急いでいる自分」 「急いでしまってからしか気が付けない自分」 をよく再確認できてしまった。 このブログでも関連の記事を時折書いていると思うんだが.... 少し前から「気がつきゃ急いでしまっている自分」を発見するこ…

どこに向かって急いでいる?

「瞬発的に一生懸命になっている状態」を”努力”と勘違いしてきた自分にとって.... おそらく初めての”継続の努力”(って”瞬間”じゃあ努力とは言わないと思う)がトレーニングだろう。 今から20年前にダイエットの為に始めた。 ”続く”どころか「続けたい」な…

疑似行為

昨年の12月頃から基本忙しい。 時折”ふっと”息をつくことは出来るんだけれども.... ”計画的”にはそれを予定する余裕はない。 異例の長期連休となった今年のG・Wは、さすがに一息ついたと感じたんだが.... その後はそれ以前と何ら変わっていないし(笑) …

脳内も断捨離

廃棄を日課とするようになって10日ほどになるか? 昨日は分別してあった処分品をかなり捨てた。 もう数はわからない。 コード類やら、書籍やら、服やらを入れれば「100」は超えている。 合計は「151」以上....で確認不可能...といったところ。 パっと見は…

なかなか面白い

「廃棄物」のカウントを例えば....「ボールペン」までも入れるなら... 毎日なんやかんやを「捨てている」ことにもなるんだろうが.... それだと把握しきれないので、まあ”あえて捨てるモノを探しだした”場合のみをカウントすることにしよう。 整理は毎日して…

昨日のブログを書いた後に庭を見て思った。 我が家に勝手に生えてきた自生の蔦?(本当は何だかわからないが、ツル性の植物)を見て。 切っても切っても生えてくるのでうっとおしいんだが.... ひょっとしたら.... 見てくれは悪いが案外理想の生き方なのかも…

反面教師

毛沢東の言葉らしいが、流石。 散々親父の悪口を書いているように「反面教師」の教育的効果は凄いと思っている。 良いか悪いかは私にゃわからない。 が、勉強嫌いな自分でさえも、その教育委的効果がはっきりと表れてしまう。 自分の場合には、「毒を持って…

自称上り坂チーム

「上り坂時代」の集まりがあった。 「下り坂思考」との比喩でそういう表現にはしているが.... 別に本当の意味での上り坂の人達ではない。 上っていってるんだ。 上り坂にあるんだ。 上れる才能があるんだ。 と、自称”思っている”人達がほとんど。 そこに声を…

整理整頓癖がないからの断捨離

まだ始めたばかりでこんな事を言うのも生意気なんだが.... 自分のような奴こそ断捨離は必要なんじゃないかと思うようになってきた。 「はてな」で見る断捨離の達人は、そりゃあ見事にキレイサッパリで、断捨離は「ほど遠いもの」 そして語るにも、考えるにも…

まだまだ、今日も頑張って捨てましょう。

慣れないものだからずっと字を間違えていた。 断捨離。 とりあえず昨日の断捨離ポイントは「3」。 「3」とは言うが、大物なので「30」にもしたいぐらい.... 10年?長年捨てきれなかった。 でも「3」は「3」。 案外そういうところはお堅い。 なので合計「29」…

さあ今日は何を捨てましょう。

あれから..... 急に始末に燃えだし..... リサイクルショップに「23」を放り込んだ。 断舎離ポイント合計「26」 しかし....いかに”使用済み”とは言えども.... もらったわけではないので.... 「26」買ったモノを捨てたわけ。 アホさの証拠隠滅と言ったところか…

「やる気のない奴は出ていけ」と言われても....(笑)

そう言えば....「人は人」ってのもある。 これは割と昔から自分が使っている”おまじない”(笑)だ。 ひょっとしたら無意識のうちの初期型「下り坂」だったのかもしれない。 多くの場面では「妬み」を封印する時のおまじないに使われることが多いのかもしれな…

比較的穏やかに過ごしているけど、何か悪い?

「下り坂の人生」を意識するようになって3か月にはなるんだろうか? 冷静にジャッジするなら今のところ順調だ。 順調?という言葉は適切ではないかもしれないけれども.... 「まだまだ上を目指していけるように錯覚していた頃」と別段結果に差が無いように思…

下なんで。

遅くして地位や権力を知った自分は相当に焦った。 サーファーが海の王者 スキーヤーが山の王者と勝手に思い込んでたんだが そんなスポットライトは若い時だけ。 権力者にとっては刺身のつま、 武勇伝のひとコマでしかないと知った。 町内一の成功者を自負す…

実はすんごく「下」(笑)

「下だったのか?」 と理解したのは、本当に4,5年前。 ビックリした。 「上」だとばかり思っていたので。 今から考えるならアホらし過ぎて笑えるほどなんだが....それが事実なんでしょうがない。 「なーるへそ。だからだったのか?」 様々な”勘違い”が理解…

我が家は「上」、俺も「上」

「下り坂」とか「独り」とかへの賛同思考は面白くって....ついつい色々と思いついてしまうんだが.... いかんいかん。このブログは「自分を導くためのブログ」であって、「言いたい放題言って発散する場」じゃなかった(笑) もともと....「上」という感覚を…