タバコは格好悪い(100回言ってみよう)

f:id:okutavianus:20160928092053j:plain

 

超忙しいというよりも、非常にストレスの多い年になってしまっていて...

「平気だ」とホザいてはいるが、酒量とタバコの量が証拠を残している。

どちらも「重いモノ」は好みじゃないので、さほどにはカラダも痛んでいないと思うが、なんせ「休みなく」親しんでいるので、ボディーブローのようなダルさがやってきている。

 

が、「どっちもやめだ」というような勇気もない(笑)

ましてや「酒の席」でけっこう人間関係が構築されているので断るわけにもいかない。

ってなると...タバコの方か...

が、これも...別に...キライ...じゃないんだけどなぁ...

 

というわけで、2日前から「タバコを嫌ってみたいな」という気になってきた。

医学的なデメリット、科学的な証明はま、今更聞く必要もないだろう。

それを散々聞いてきても続けていたので無意味でもある。

なら、「違う方面」から攻めてみようか。

 

次元大介じゃないが、かつては「格好よく見える道具」でもあった。

なんたって松田優作

だから「タバコは格好悪い」と言われてもピンと来ることがなかったんだが....

自分にとってはひょっとしたらば、ここを「吸う、吸わない」のスイッチにできるかもしれないかな?と。

 

というわけで「タバコを吸うのが格好悪く見えるところ」を今日から探しまくることにした。

「こんなにも格好悪いんだ」

「こんなに格好悪くなることをあえて続けてんだ」

それらを嫌というほど思い知れば....「やめられる」

...かもしれない。

...かもしれない。