読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白昼夢

f:id:okutavianus:20170108091010j:plain

 

正月に寝込んでいた時には...

当たり前だがやることないので、(まだまだいろいろなことやれるんだよなぁ...)なんて白昼夢を見ていた。

 

趣味であったり、仕事であったり、将来であったり、ジャンルはランダムだったんだが、日頃手一杯と言ってる割には、まだまだ”やりたいこと”こんなにもあるんだ...ぐらいは出てきた。

 

少し病状が回復してきたときに、具体的にはどんなもんかな?と早速ネットで探ってみたらば...

案外どれもこれもいけそうだ。

IT社会、デジタル時代の弊害もいろいろ言われるが、用具からスケジュールから体験者の声からあっという間に知ることができるのは、疑似経験という意味よりも、お試し企画のようで非常に便利だ。

 

で、ちょっと始めてみようかな?な~んて滑り出しで仕事始めを迎えてみたら...

それはやっぱり白昼夢であったことがよーくわかってきた。

 

そんな願望というか、企みは昔からあったのだ。

ただ、時間的に無理なので、心の奥底に封印してただけのことだ。

で、たまたま暇な病床時に顔をもたげてきたんだろうけど...

日常に戻ってみたらば....

「そんな時間はねー」ということだった...というだけのこと(悲涙)

 

17年前にジョギングを始めた時とは「やるべきことの多さ」がこれでも格段に違ってきているということだ。

飲み会一つを挿入するだけで、他のスケジュールの消化がけっこうタイトになってしまって、神経使うこと。

そんな次元にまでなっているというのに...

また、現在のスケジュールの中だけでも「達成しなきゃいけない目標」があって、それも出来ていないのに...

新たな目標?ですか?

アホですか?

ということだ。

 

いろいろな目標も、17年も積み重なってくるなら、それなりにレベルも上がってきている。

もう、おいそれと達成できないものばかりだ。

なので、”短期”のものはほとんどない。

中長期、もしくは永遠に近い(つまり実現可能性すらない)ので、何年も続いてしまっているものもある。

そりゃあ飽きてしまうんだぜよ。

 

でも...

やっぱり日常始まってしまうと...

新たなモノを差し込むほどには...余裕はない、な。残念だけど。

そういや、去年はブログすら全然書いていられなくなってたもんなぁ....

カンタンに忘れてしまうんだろな、そういうのは。

 

ま、仮にも多少の暇を感じるなら、

今現在なにもかもを、けっこう慌てて消化しているぐらいなんだから...

それらをも少し落ち着いてやることに、配慮してもいいんじゃないか?と

自分に言うべきなんだろう。