読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書けない(笑)

f:id:okutavianus:20170218090727j:plain

 

幸福論を奏でるつもりはないんだが....不幸になんかなりたくないし、そりゃ幸福のが良いに決まっている。

が、じゃどうすりゃ、何すりゃ、幸福になれるかなんて具体的な目標があるわけでもない。

せいぜい...不幸になりそうな時には、ちょいと踏ん張る...ぐらいはしてきた...程度の人生だ。

 

つまりは...大方遊んでノンビリと暮らしてきたと思う。

が、そんな自分でも奇異な体験をするってことがあるらしく、珍しく頑張ってりゃ日本一になれるかも?ってな環境に置かれた。

一方、それまでの友人らは、相変わらずそんな歯食いしばってムキになって過ごすのは格好悪いと思っていたようで、そんな境遇に落とされていった?自分をせせら笑っていた。

 

そんなことが5年も続いただろうか?

どっちが上だったのかわからなかったような関係が、歴然とした差になっていた。

競争したわけでもないのに。

 

....とまあ、平たく言えばそういうこと。

もっと言うなら、当たり前だけど、「同じ期間を過ごすのに」「やった方と」「やらなかった方の」差は、倍では済まないということ。

 

そういう体験があったとしても、若かったなら、そう意識も変わらなかったかもしれない。

が、残り少ない(さほどに少ないわけでもないだろうけど)身分と自覚するなら...林先生じゃないけど「いつやるの?」となる。

 

それだけのこと。

そして「やること」に全て結果が伴うわけじゃない。

中にはマイナスに作用することもあったりするし(やってみりゃわかるんだが、世の中そういう皮肉なこともある)。

 

ゆえに試行錯誤して「やっている」ことが続いているだけ。

 

その「試行錯誤」をドン・キホーテのように猪突猛進で挑むってな手法もあるのかもしれないが、小説ではない現実世界じゃあリスクは多過ぎる。

ましてや通常人生は一回しかないし。

ということで「ある程度」考えて進めていきたいんだが...脳の中だけで考える力がないようなので...直接的でなくても、とりあえず「文字にした方がいいかな?」

と、ま、そういうこと。

 

なので、誰のためにも書いていない。

というか、全くもって「自分のために」書いているようなブログを、あえて見ていただいて、なんだか申し訳ないです。ごいさん(笑)

 

でも...このスタイルをあんまり変えるつもりもないんですよ。

ってか、達者な人が多いので、ちょいと影響受けたりして、コソっと真似したりしたときもあるんですが...

続かないというか、やっぱりうまく書けないですね。そういう魂胆だと。

 

で、ここんんところあまり書けないのは、忙しいからです。

5年ほど前から”忙しい”と言っているのに、どんどんと「やること」増やしているから、もっと「忙しくなっている」だけのことです。

ただ、体調を崩すことも多くなって...

それに加えて....やっぱ年齢もあるのかな?...と思うようになっているというわけです。

 

まあ、うまく調節していくしかないのでしょうが....

とりあえずブログを書くよりは「やること」を優先しているので、ブログが書けていないってことは、一生懸命やっている、ということにしておいてください(笑)