読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

8-5=3

f:id:okutavianus:20170313112758j:plain

周りからは....「物凄く仕事熱心な奴だ」と思われていると...思う。

当たり前だ。

そう演出している。

何のために?

よりチャンスを増やすためだ。

何のために?

儲けたいからだ。

 

まさかなぁ....こんな自分が「仕事一色人生」になるとは(笑)

絶対に、”自分の意思”じゃねえな、こりゃ(笑)

まさに「しょうがない」、「しょうがない」の連続で、いつの間にかこうなった(なっている)だけのこと。

実際出かけるのが嫌な朝もあったりするし。

 

大体そんな大それた意欲も向上心も持っていなかったし、目標!とか大志!とか苦手だったし....

むしろ...毎日楽しけりゃいいや...ってなだけだったんだけど....

ちょっぴりだけある正義感とか責任感で、こんなハメになってしまったんだろうなぁ...

 

なので、当初予定していた(予感していた)人生とは全く違っている(笑)

が、ま、後悔しても仕方がないし、後悔?というものも無いようにも思う。

というか自分自身で意外な人生を歩んでいるように思う時もある。

 

ただ...小さな無欲の頃は、公営プールから出てきた出口の屋台のおでんのちくわで十分喜びだったんだけど...

そうはいかなくなってもいる。

「理想の小学校を開校したい」かのような大それた目標はないものの、なんならおでんは「鍋ごと」に、

いやいやおでん以外の食べ物も。

どのみち仕事に時間を奪われるなら、せめて買い物ぐらいは好きなモノを、と。

多少贅沢を考えるようになっている。

 

いや、そういうところでさえ、仕事に関連付けようとしてしまう。

どのみち仕事から逃れられないから、どのみち時間を割かなきゃいけないのなら、

仕事から関連するもので、派生するもので、満足をかなえたいよな。と。

 

が...どんなことでもそうなんだろうけど....ある程度のところまでくると急に伸び悩む。

いわゆる「壁」にぶち当たる。


やっぱ能力にも、運にも、時期にも、限界というものがあるんだろう。

そして....一旦「壁」が現れると、やっぱりそこらあたりに「限界点」があるのか?

超えても「壁」、超えても「壁」...

なんなら...毎日毎度「壁」を感じるようになったりする。

ずっとそんな状態になってくると....

その「壁」が一体何なのか?

その「壁」のムコウには一体何があるのか?

その「壁」のムコウにどうして行きたいのか?そもそも行くべきなのか?

ちょっとぐらい休んでみちゃだめなのか?

少しサボっちゃいけないのか?

仕事中心じゃない生活の奴も居るじゃないか?

....等々...自分でもわからなくなってくる。わけだ。

なにしろ大志あって目指してきた道じゃないので(笑)

 

本当の本心は、「仕事をするのが嫌」なのかもしれない(笑)

が、生活してゆくのには金が必要なので、その金を得るために、嫌でも働かなきゃならんのも現実。

嫌だから....○年計画...とか言っちゃって、「努力もそこまで!」ってことにしておきたいんだろうなぁ...

一応今回の5ヶ年計画ももう少しで2年経過する。

残すところあと3年か。

 

でも...多分、あと3年経つと....

....次の「5ヶ年計画」始まってたりするような予感が....

 

ってことは少なくとも8年は頑張らないと....

って、考えていると8年も頑張らなきゃいけないのは嫌なので、とりあえず「あと3年」にしておこう、ということになる。

 

こんなことの繰り返しだ。