どうもありがとうMr.ロボット

f:id:okutavianus:20170328105747j:plain


ええっ?気絶でもしてたのか?

今回はちょっとばかしインターバル短め、で登場できた、と思ったのに...

それでも一週間以上経っていたとは....

 

さほどに濃厚なスケジュールをこなしているわけじゃあないんだが....

余裕の無い生活なんだろう。

 

気を紛らわす余裕さえない生活は、充実に近いものなのか?と思っていたこともある。

効率良くスケジュールを埋め、さらには、そこに出来たわずかな隙間にも、やれることを見つけ、無駄の無い一日に仕立てること自体が、あたかも人生の目標でもあるような。

 

実際、さほどの目標が達成できる身分だとは思っちゃいない。

いや、その目標とておぼろげ過ぎる。

どこに向かっているのか?どれぐらい出来ているのか?もう無理なのか?

 

多分....その限界線は年々ハッキリしてきている...はずなのに...。

ただ、ただただ、それを認めたくないんだろう。

だから、自分を誤魔化すように、まだやれるんだよな、まだ足は止めてないぞ、少しの可能性でもあれば....

と、気付いていないフリして焚きつけているんだろう。

 

そして多分、こんな生活が出来るのも、もうそれほどの期間ではなくなっているんだろうと....

それもどこかで自認しているんだと思う。

 

ただ....時間のかかる遊びのお誘いは、瞬間的に断ってしまうクセがついている。

他のことが出来なくなるからだ。

出来なくなった他のことは後からでも、溜まっても、やらなきゃいけないと思うのが、億劫だからだ。

ひょっとかして...「緻密なスケジュール消化ロボット化」してないか?オレ?

 

ま、それほどまでではないけれど...

「楽しい用事を見つける」ことより「楽しくない用事でも消化する」ってことに重きを置いた生活だよな。

 


どっか...

おかしいような気もする。