憎悪からの努力

f:id:okutavianus:20170515140140j:plain

 

どうもハライチみたいなタイトルが多い。

 

勉強を”日課”から外して12日になる。

ごいさんに言われたからじゃない。

こういったことは初めてじゃないので、自分の中で”尺度”は持っているつもり。

 

ただ...性質...と言っていいのだろうか?

意識していないと、同じことを繰り返す。

今回もそう。

気が付けば...ということになっていた。

 

本当の意味の”努力好き”じゃない。

努力を始める魂胆や、その仕方など、まっとうに努力を重ねている人と並べたら失礼な輩だ。

それもわかっている...つもり。

 

魂胆というか努力を始めるキッカケ、動機までは自分じゃわからないが...

継続につながる意欲の根源が健康的じゃない。

さほどにドス黒いものじゃないが、

見返してやりたい

どうよと見せびらかしたい

賞賛されたい

そんな憎悪?みたいなものが、深層心理にあるように思っている。

 

誰に対して?なのか?

うっすらとはわかるが、気持ち悪いので書く必要はないだろう。

生い立ちか、経験か、環境か、

ま、ここんところは考えたって仕方が無い。

もう過ぎたところだし、自分じゃコントロールもできないところだ。

選んで日本人に生まれたわけではないように。

 

だから....

自分はうまく行っている時には努力を始めない。

もともとが自惚れて、のんびりと、ぬるま湯につかっていたいのだ。

本心はそこにあるのだ。

 

うまく行かないから

嫌々努力を始めるのだ。

 

ただ...そうであっても、努力しないよりはマシだろう。

そう本心をごまかして努力を始める

 

だから自分の努力には恨みがくっついている。

 

自分の努力が評価されないと面白くない。

努力の結果が褒められないと面白くない。

 


そんな自分の性質を思いだしたときは、そんな気持ち悪い努力ならやめてしまえとなる。

で、やめてしまっても、日常生活に影響のないことを知る。


いわゆる「気持ち悪い奴」になろうとして努力をしているようなものだからだ。


相当に負のエネルギーなんだろう。

 

今そんなところ。

 

日課が一つ減った割に暇は出来ていないんだが、他の事は少々落ち着いて取り組めるようにはなってきたかな?