18年前とは...

f:id:okutavianus:20170607102919j:plain


別に年齢も隠してきたわけじゃないが、年齢や家庭環境や仕事の内容については、あまり書いてはこなかった。

 

というのは、それも一つの自分への戒めであって、「年のせい」「家族のせい」「仕事のせい」で、「出来ない」....という言い訳にしたくはなかった....してはならない、と思っていたからだ。

特に個人からの情報発信が自由となっている現状じゃあ、もう不平不満どころか、愚痴、弱音、人のせい、嘆き、厭味...の公表?何でもありだ。

いや、”あり”でもいいんだが、それらを吐くことが日常化するようになり、頑張ったり、反省したり、努力したりすることよりも、真っ先に、そんな言葉を生むように脳みそが働きだすようになってしまっているように見受けられて....

「そうはなりたくない(なっちゃいかんな)と、自制の念を込めて、”せい”にするような要素については、あまり書かないように意識してきた。

 

書かない、ということは、考えない、ということでもある。

それを信頼した。

 

が、それにも無理というものがあるようだ。

ささやかなものだがトレーニングも始めて18年になる。

地道に地道にだが伸ばしてきたタイムや距離や回数が伸びなくなったのはおととしぐらいからだ。

そりゃ決して愉快な状況じゃあない。

が、そういうことへの対策だってしてこなかったわけでもない。

やってこなかったら、そもそも続いていない。

が、”やってきた上でも”そうなってしまうようになったのだ。

 

そのトレーニングを始めた時だって「いい歳なんだけどな...」と思っていたものが、もう18年も経っている。

そりゃ相当「いい歳」になっている(自分じゃ認めていないけど)。

 

つまり....別にあえてフケ込む必要はないけれど、様々な状況の変化、環境の変化を無視できる年齢ではなくなった....ってことも脳裏に置かなくちゃいけない年齢にはなったんだろうな、とか。

 

先日も趣味の釣りを再開した友人に「どうしてまた急に?」と聞いてみたんだが...その返事は....

「いや、釣りなんて足腰さえ丈夫ならけっこう年食ってもやれると思ってたんだけど...老眼とか、手先の震えとか、ましてや血管関係の病気で不随状況残った日には、仕掛けが作れなくてやれない、と思ったからさ。けっこうもう、今が、やれるとき、なのかな?と。」

って言われて...

なるほど、と思った。

 

”仕事”に関しては、生計もあるし、老後だって関係してくるので、ある程度将来をボンヤリ考えてみることはあるんだが...

まさかの”趣味”でやれなくなるかもしれない...ってな想像はそういやしたことないな、と。

 

奇しくもとある親族に癌が宣告されたのと同じ歳になっている。

その方はそこから3年の闘病生活で亡くなった。

 

正直今は、今でも、仕事中心、収入中心の生活は何も変わっていないんだが...

18年前とは全然違う環境に居るんだろうな、と、あえて再確認し始めている。

そして....そういうこと....無視して生きていくには、ちょっと無理のある年齢になってきたかな?とも。