不惑の年

f:id:okutavianus:20170726113528j:plain

 

自分じゃこれでもその都度多少は整理整頓しながら....

完璧じゃあないけど、それなりに環境も考え方も精選しながらやってきているつもりなんだけど....

所有物を見てみると、そうじゃないことは一目瞭然だ。

こうやって書いているのとは大違いに、迷いに迷い、いや、彷徨いに彷徨って、いまだに未練たらたらなものを捨てきれずに所有しているということは....

諦めきれずにひきずっている...という証拠でもあるんだろう。

 

「もったいない」

という気持がみっともないとは思わない。

それも間違っていないし、悪い選択でもない。

意外な場面で再び脚光浴びたり、直して使えて重宝したりする。

 

が、例えばランドセルを二度と背負わないように...

電卓どころか表計算ソフトが当たり前の時代にそろばんで実務を行わないように....

おそらく、もう二度と、使わない道具もある。

 

いやいやそういったものも....というノスタルジックな話じゃない。

より前に進んで行き安い態勢作りを考えているわけだ。

 

整理整頓しながら進んできた...と言うものの、自分の脳みそを本棚に例えるなら...

もう今じゃ完全に趣味から外れてしまっていたり、好きでもないし、二度と読まないと思えるものまでとってある。

もう何十年も読まずに、保有していることさえ忘れているのに、とってあったりする。

んじゃないのか?

必要のないものがけっこうぎっしり残っていて、

必要なものが見つけられなくなっていたり...

後ろ髪惹かれる思いにかられて、新たな一歩を踏み出せなくしている....ってことはないのか?

 

昨日街中で、若かりし頃自分がしていたようなファッションの方を見かけた。

年齢も自分と同世代のようだった。

どんな格好しようとご自由なんだが...

正直おかしい。

おかしかった。

若い頃に戻っているように見えて羨ましい...んじゃなく、随分とおかしい...としか見えなかった。

 

多分...自分が着てもそういうことなんだろう。

 

身につけるものばかりじゃない。

今”そこ”に執着したり、今”そう”考えること自体、この年齢になってしまうと随分と似合わないものも増えているってことだ。

 

なんていうのかな?

幼虫のまま飛ぼうとしたらおかしいだろうし、成虫になっているのに土の中に戻ろうとしたらおかしいだろうし...

それぐらいのズレは生じているというか、それぐらいの年月は経っているんだろうな、と。

 

若さは維持したいし、老け込むつもりもないが...

それがために「みっともなくなっている」ってのに気が付かないってのも...

 

気がつきゃけっこう早くに時は過ぎていて...

あっという間に三十年過ぎていた....なんてことも少なくない。

三十年前の”意識”が似合うってのも難しいだろうし、通用するってのも....おかしいはずだよな。

 

そこらあたりの整理整頓は難しいんだろうが....

さらに前進してゆくつもりなら...

必要なんだろうなぁ....

 

一体いくつになったら不惑の年に至れることやら(笑)....