老後も仕事?

f:id:okutavianus:20170914095638j:plain


老後のことについて話してみると...

意外なほどに皆関心を持っていた。

というか...けっこう既に考えていた。

 


まあ、いつものことだ。

大体において遅い。

というかノンビリしている。

自分じゃ、一番乗りだったつもりが....

何のことはない、皆とっくの昔に検討していて....

たまたま敬遠するようなジャンルだったので、自分が一番に乗り込んだだけのことで、”皆”は違う場所に向かっていて....

ってなカンジか...

相変わらず残念なヤツだ。

 


まあ、それはそうとして、ハッキリとした計画は無いまでも、”苦労の覚悟”があるところが共通項か。

早い話しが年金が少ない、もしくはアテにならない。だ。

そこはアテにしなきゃ破綻してしまう自分としては願望のように信頼するしかないんだが...

”無い”という覚悟までしている人を見ると、自分はまだまだ甘いということなんだろう。

そして...つまりは...完全引退の老後はありえない。ということだ。

 


「完全引退の老後」つまり...年金と資産運用による老後に憧れてはいた。

そして、長い間責任をかついできたような仕事から解放され、好きな趣味を飽きるほどやりたいと思っていたものだ。

実際自分の知合いじゃあ、それを実現している人も居る。

 


が、それは相当であって、普通じゃないとのこと。

しかも、これからじゃあなおさら。

 


んな時に10歳ほど年配の方とお話する機会になった。

同様のことを尋ねてみたらば....

「年金だけじゃあ遊べない」とのこと。

遊びたいのであれば、「遊ぶ分だけ」でも働いて稼がないと...と。

そして、そもそもが...

「家にずっと居るなんて不健康なことはない。夫婦ならなおさら...」ということらしい。

自分なりにそこをまとめてみると...

 


リタイヤ後も「家に居なくて済む程度の小遣いを稼いで、出来る限り外に居なさい」ということなんだろうか?

 


ということなら、我武者羅に稼ぐ必要まではないが、なんらかの収入を得なければならないとなると....

やっぱ人様にお金を頂く以上それは「仕事」なのであって、あまり甘い期待は抱けるもんじゃない。

 


どうやら自分にとっての”老後”ってのは、リタイヤすることではなく、歳とってもやれる”仕事”を見つけることのようだ。

 


一生休めないのか....という気持ちにもなったが....

休んでばかりで邪魔者扱いされた日々を送るより、動けるだけ動いて疲れ果てて死んでいくほうが、自分らしいのかな?とかは思ったりもした。