迷った時の選択肢...すら減っている

f:id:okutavianus:20180121171501j:plain

 


頑張ってはいるつもり...だけど....

事態は年々深刻になっている...と、思う。

努力は実を結んでいないこと...にもなる。

 


その通りだ。

しかし....例えばプロ野球の二軍選手だったり、高校野球の補欠は頑張っていないのか?

と、言うなら、そんなことはないだろう。

一軍の選手やレギュラーより、うんと頑張っている人も居るはず。

大都会のサラリーマンやテレビタレントとて同様。

 


頑張っていても....実を結ばないことはある。

いや、その方が多い?か?

 


わかっちゃいるんだけど....

諦めきれない。

その思いだけでここまで踏ん張っている。

ここで踏みとどまっている。

が、力尽きようとしている....

のがわかるから....焦りや不安が尽きない。

 


いつも以上にヒドかった年末年始は結局のところ12月に入ってから2日間だけの休みでここまで来た。約50日で二日の休みだ。

 


「要領が悪い」という人も居るかもしれないが、「やるべきことを残して」は休んでいられなくなっているだけのこと。

どうしてか?

そこで終わった場合に後悔に変るから。

 


という50日を乗り越えて...

初めてまともに休んだ。

仕事の事は何も考えれらなかった。

リフレッシュ?

とんでもない。

ただ、仕事の事を含め、何も考えたくなくなっていただけのことだ。

 


そんな折に偶然「徳さんのバスの旅?」かなんかを見た。

よくわからないけど....

こんな時間の過ごし方もあるんだと....なんだか妙に羨ましかった。

 


若い頃だったら...

こんな状況なら

もっと悩んだと思う。

もっと後悔に襲われたと思う。

それが...案外すんなりしているのは....

冷静だからじゃない。

選択肢が無くなった、もしくは少なくなって迷う必要すらなくなっている、だけのことなんだろう。

 


まだ死にはしないと思うけど...

最後の道は選択肢ゼロで「死」なのだから、それに向かって着実に選択肢を減らしてゆく年代に入っているんだろうなぁとか思った。

 


リアルの生活じゃあ、そんなに暗くはしていないんだが....

正直楽しいことも少なくなっている。