日めくり

f:id:okutavianus:20180204173823j:plain

 


”怒り”を抑えていれば、”目標”は自動的に達成出来るかといえば、当たり前だが、そんな甘いもんじゃない。

目標達成への努力も勿論必要だ。

 


自分程度の努力は世の中じゃあ”努力”と認められないのかもしれないが、とりあえず○年計画の期日までには達成できる程度の努力はしている。

ということは、正直”楽な毎日”じゃないし、あまり楽しいわけもない。

それはしょうがないところ。

似たような経験は唯一大学受験前のわずかな期間か?

 


大学受験は...もともと無い話、だった。

なんせ成績も悪いし、出席自体が乏しかったので。

が、いろいろな人の協力あって、「あるかも?」になり、センター試験の40日前に覚悟を決めた。

当時の学校には申し訳ないが、授業中を含めて一日12時間以上勉強することに。

というか授業中を含めないと無理だし、あまりにも遅くに始めた受験勉強なので、それだけやらないと追いつかないのも見えていたから。

 


受験生にとっちゃあ普通のことなのかもしれないが、学習経験の少ない自分には強烈なプレッシャーだった。

嫌で嫌で仕方の無い毎日になった。

そこで登場させたのが自作の日めくりだ。

いわゆる「あと何日」というやつ。

一日が過ぎ、その日めくりを破り捨てると....

なんだか少しは我慢も報われるようで、しかも目標にも一歩近づいたような...気になった...ので、毎日几帳面に続けた。

 


今の目標も相当に厳しいし、というかよく考えれば大学受験より厳しいに決まっていたし(笑)

何よりもそこに向かう毎日が苦痛だ。

なので、実はPC内に「日めくり」が用意してある。

今年から始めた。

毎日は実際に見ていないし、見られない。

なので、気が付いた時に更新しているんだが...

あと896日だったのが、ぼやっとしている間に863日になっていた。

なんだかほっとしたんだが....それほどにまで早く歳をとっている...ということでもある。

残された努力時間の短縮とともに人生の残り時間も短縮しているということだ。

早く63日消化して、残り700日を切りたいんだが...

それは寿命を63日使うことと同じことなんだと...

 


というかすでに今年も1/12が過ぎたことに驚いている。