緊箍児

小舟から...鉄の斧...そして...

不思議な体験

 


10年と少し前...

になると思う。

 


その年に2度、「幸福感に包まれた体験」をした。

 


好きな女性と添い遂げた....とか

仕事で大成功をした...とか

莫大な資産を手に入れた....とか....じゃあなかった。

 


詳しく説明するには大変な作業になるので、割愛。

ただ...そのような状況を想定するには”意外な”時だった。

 


ちょうど子供達は部活動を熱心にしていた時だ。

一つは「明日が日本一を決める日」の前の日の練習時。

もう一つはなんでもない練習の帰り道。

 


嫌だったのに...コーチをやらされる羽目になっていたので、子供達と共に居た。

ヨソの子までも....

それまでの自分の生き方にしては....

ダサ過ぎる...

実にダサ過ぎる...

 


そんな一幕でだ。

 


共に夕焼けの中だったと思う。

神でも降臨したのかの如く....

夕焼けの光景はさらに輝いて...

あたかも黄金の景色に包まれた。

 


なんだかワケがわからなかったけれども....

それまでに感じたことのない幸福感が満ち溢れた。

 


.....

その年だけに2度。

それ以前も、それ以後もない。

 


最近なんてそれに比べたら....

不幸感にしか包まれていない。

 


でも、不思議とそれ以来は....

「ま、ずっと不幸感に包まれたままでもしゃーないか」

と思って生きていられている。

 


不思議な体験だ。