緊箍児

小舟から...鉄の斧...そして...

専門家

f:id:okutavianus:20210303082820j:plain



 

自分には「得意ワザ?」があって...

思考がこんがらがって、いわゆる視界不良のままに煮詰まったような状況が続くと...

ある瞬間に突然

「これ以上に一方向に努力するってことは...ひょっとしたらば...邪魔を一生懸命するようなことにも...なるんじゃないのか?」

みたいな考えが出てきて...

「無理を抑えて”やれる”程度で”やれる”ことをすれば....」

「それで仮に失敗したとしても...成果が見られなかったとしても...ま、しょうがないんじゃないの?」

のように...他人事であるかのように淡々としてしまうことがある。

 

”執着心”

もたしかに薄いかもしれない。

 

でも、諦めきれないことだってあるので、そればかりでもないだろう。

 

もう少し「違うところからの”作用”」であるような気がする。

 

この手順を踏むので...極端に言えば...

当初の「目標」や「願い」はいとも簡単に諦めてしまうのかもしれないんだが...

その分...というのも変だけど...

プレッシャーやストレスにさらされる時間も少なくしていることになる。

 

「大志なんて抱いたことがない」

とこのブログでも何度も供述しているけど...

本当は....あったかもしれない。

しかも何度も...思い浮かべたのかもしれない。

 

が、上記のような思考システムが稼働して...

精神に負担をきたすようなものは...

「無かったこと」

のように自動制御されてきたのかもしれない(笑)

 

弱い鰯は命を奪われそうになると

全身の鱗を落として本体の身を守ろうとする

らしい。

 

一番大切な部分を守るためには

捨てなきゃならない(諦めなきゃならない)こともある。と。

そういうことなのか...

 

ま、自分の場合は「早すぎる」

気もするけど(笑)

 

だから大きな目標も持てなかったし、もちろん達成もない人生なんだけれども...

心の健康だけは害していないのかもしれない。

 

そうやって考えてみると...

なかなかに生まれながらの「心の健康」の専門家なのかもしれない(笑)