読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さな小さな我慢

f:id:okutavianus:20161010091558j:plain

ぼちぼち2週間になる。

幾度もの禁煙経験者から言わせてもらうなら、「”ここから”は大した変化はない。」ということ。

まあ宣伝も含めていろいろなことが言われているが...

もともと...吸わない人は最初っから吸わない。

...のところを習慣にしてしまった人間なのだから、喫煙に対する抵抗力が「もともと無い」。

つまりは...

A.我慢しなくても、タバコを吸わずにいられる人と

B.タバコを吸わないためには我慢しなくちゃいけない人と

居るということ。

 

残念だが...自分は当たり前に「B」だ。

過去や経験というよりも、そういう気質・体質にあったから、「吸ってしまった」のであって、そんなところは今更考えても仕方が無い。

そして...今後は今日と同じような程度には「吸ってしまう危険性」を保有しつつ生活していくということだ。

 

これまで何回かあった禁煙の終結も皆そう。

「ほんのわずかな衝動で」

「ま、一本ぐらいならいいかな?」

と、棒に振ってきた。

禁煙期間とか、その間の努力とか、我慢の量がもったいない、とは思わないが、

それにしては「ほんのわずかすぎる衝動」なのに、抑えるどころか...「ま、2年も続けたんだし、一本ぐらいいいかな?」というそんな程度の衝動をキッカケにして終わっていったわけだ。

 

なので”今後”なんてどいうなるのか?どうなっていくのか?お約束できるわけもないし、自分でもわからない。

が、まあ軽はずみで吸うのはやめたいな、と。

吸う以上は「ものすごく吸いたくって禁煙なんかどうでもいいわ」状態で吸いたいかな?

ぐらいじゃないとここまでの努力はちょっともったいないかな?とかは思っている(笑)

 

たしかに「タバコを吸いたい衝動」は初日からは減り続けている。

が、永遠の、ではなく永遠にゼロにはならない。

小さな小さな戦いというか、小さな小さな我慢をしょいこんだということだ。