緊箍児

小舟から...鉄の斧...そして...

(14)得意なことは「ありません」

f:id:okutavianus:20201129165222j:plain



 

頭も悪けりゃ、根性も悪い。

精神も幼稚だったけれども...

体力や運動だけはちょっとだけ自慢が出来た。

 

ま、「最後の砦」のようなものだったんだけれども...

そうね。

五年前ぐらいからぼんやりと...

二年前にはかなりはっきりと...

そしてコロナにダメを押されたように現在はもっとハッキリと。

それさえ「世間に通用しないな」

と思うようになっている。

 

とりあえず21年続けてきたトレーニングは

今をも続けている。

なので、同年代の人と比べたら数値も記録も遥かに違う。

 

が、若い人達と比べたならば...

何一つ競えない。

 

そういうこと。

 

出来ない人と比べたら、どんなことでも優越感に浸れる。

それが私の一族の優越感を得る常套手段だったんだろう。

出来ない人を集めてきたらば、その集団の中なら...「一番」になれる。

 

そんな「一番」に何の価値がある。

 

出来る人達100人の中の99番目の方がうんと難しく価値のあることだ。

 

面倒臭いので(笑)

現在は基本的に「とりえはない」ことにしている。

「得意なことは?」と聞かれるなら...

「何もありません」で十分。

 

そう答えるようにしてからは...

なんだかとっても清々しいし、余分な言い訳考案しなくていいので...

煩わしいことも減った。(笑)

 

 

頭も悪けりゃ、根性も悪い。

精神も幼稚だったけれども...

体力や運動だけはちょっとだけ自慢が出来た。

 

ま、「最後の砦」のようなものだったんだけれども...

そうね。

五年前ぐらいからぼんやりと...

二年前にはかなりはっきりと...

そしてコロナにダメを押されたように現在はもっとハッキリと。

それさえ「世間に通用しないな」

と思うようになっている。

 

とりあえず21年続けてきたトレーニングは

今をも続けている。

なので、同年代の人と比べたら数値も記録も遥かに違う。

 

が、若い人達と比べたならば...

何一つ競えない。

 

そういうこと。

 

出来ない人と比べたら、どんなことでも優越感に浸れる。

それが私の一族の優越感を得る常套手段だったんだろう。

出来ない人を集めてきたらば、その集団の中なら...「一番」になれる。

 

そんな「一番」に何の価値がある。

 

出来る人達100人の中の99番目の方がうんと難しく価値のあることだ。

 

面倒臭いので(笑)

現在は基本的に「とりえはない」ことにしている。

「得意なことは?」と聞かれるなら...

「何もありません」で十分。

 

そう答えるようにしてからは...

なんだかとっても清々しいし、余分な言い訳考案しなくていいので...

煩わしいことも減った。(笑)

 

(13)Laughter

f:id:okutavianus:20201127235857j:plain



 

常識を語れば...

親子は...絆、愛情、思いやり...そんな言葉で表さなきゃならないんだろう...

「そうであって欲しい」...という願いもあるのかもしれない。

 

しかし...残念なことに...そこからしたらば信じられないことがたくさん起こる。

起きていない人にはわからない。

ほどに...

 

「死に至る虐待までがある」ということは...

その”手前”程度は...「優にある」と推測すべき。

 

伴侶を捨てるだけでなく、子供も平気で見捨てる”親(と言えるのか?)”まで平気に居る。

 

親が必ずしも正義であったり、良心的であったり、愛情に溢れている場合ばかりとはいかない。

現実は...「親に恵まれた子」...ばかりではないのだ。

 

でも...「親不孝者」のレッテルも貼られたくないし...

いや、子供は所詮子供であって自信なんて持ててはいない。

すれば...”唯一”の親に見捨てられたくないし、嫌われたくもないだろう...

 

だから...声があげられない。

そして...そんな親に限って...

残酷にも「声があげられないこと」を十分に計算に入れてたりする。

 

いや...もっと残酷なのは...

計算に入れる存在であることすら気が付いていない...

つまり...

子供の存在が...

「大したことない」...親...さえも...

”平気”で、世に存在しているということだ。

 

「親不孝」

自分も散々にそう言われてきたんだが...

上っ面しか知らないヤツが、偽善者ぶって、ドラマのセリフのように簡単に使うべき言葉じゃない。とぐらいは言いたい。

 

少なくとも...

暖かな場所で...ぬくぬくと育ってきた奴が...

わかった道徳を振りかざさないで欲しい。

知らないくせに。

だ。

 

壮大なスターウォーズの物語と

下人の分際の自分の人生観を一緒にするのには失礼にほどがあるというものだろうけど...

 

親を殺し、殺される場面がよく登場する。

 

それは...

ある意味「親に恵まれない子共達へのヒント」を映しているんじゃないだろうか?

と、自分には思える...

 

見る限り...ジェダイの子供達の”親”を見たことがないからだ。

未来のジェダイ達の親の顔が見えなかったように...

スタートのルークの親は曖昧だった...

あたかも...

「親なんて居なくても...」

「親みたいな人が居たとしても...」だ。

 

アメリカはもっと家庭環境が複雑なような気がする。

 

ゆえに...親のみならず...出自やら、先祖やら、の運命を断ち切った方が...

うんと世界が広がって...幸せの尻尾を掴めるかもよ?と...

「親に恵まれなかった子」らに...

「”常識”に縛られないことで...”可能性”が出てくるのよ」と...

暗示しているんじゃないかと...

ってか、それで”普通”なんだよと導くためにも...

 

ちょっとオブラートかけなきゃいけないと...

ダースベイダーは...最後の最後に良いお父さんに戻るんだけど...

 

現実じゃあ...

「そんなはずはないよな」

と諦めている子たちのために...

”伝えたかった人々”が居るのような気がする...

 

自分はそこまでは悲惨なパターンじゃないと思うけれども...

別に恨みや復讐のためにじゃなく...

自分や子供達が未来で幸せに辿り着くための手順の一つが...

 

出来るだけの「つながりを断つ」

 

は、あるな...と、確信している。

 

「つなげること」が幸せと思える人も居るならば...

残りの半分は...

「あえて断つこと」で幸せになれる...

 

明暗、苦楽、白黒...「この世は...50 VS 50」理論者の自分にとって...

ものすごく自然な定理。

 

邪魔していたのは...

苦労を知らない恵まれた人々の”優越感”からの道徳だけ。

 

それが...「わかっているけどそうはできない」人達をどれだけ苦しめていることやら...

 

さえわかっていない...

 

「優しさ」?

 

だ。

 

(優しさじゃねーわ、そんなもん...酷く軽蔑した...笑)

 

髭男は好きじゃないけれども...

「 Laughter」

はそんな人々への

「決別」への応援歌のように思えて...

なんだか好きだ。

 

もう20年にもなるこの作業。

哀しいことに...

「的中している」としか思えない結果ばかりだ。

(12)迷わないように

f:id:okutavianus:20201126090409j:plain



 

色々のたまってきたけれども...

 

結局のところの結論は...

「父親のような生き方はしない」

 

だ。

「父親のような判断や態度や行動をしない」...でもいい。

 

それは親不孝だ。

それは失礼だ。

恩義を欠いた生き方だ。

 

への言い訳は後々させていただくことにしよう。

 

現実として...判断や決断が迫られる際に...

己に都合の良い時間なんて与えられるはずがない。

ほとんどの場合が”瞬時”とも思われるほどに、

”急”に決断を迫られるのが”普通”。

 

そんな際に...

ここまで書いてきた11章のようなことを...一から丁寧に検討して...間に合うはずもない。

例えそれが”より正確な答え”だったとしても...

 

使い物にならない理想論なんかに縋れない。

瞬時の判断の分岐点は

「父親のような生き様をしたいのか?したくないのか?」

そこに迷うよりも、その決断だけで十分だろう。

 

父親は今もなお以前から何も変わらない。

その原因は簡単。

「自分は間違っちゃいない」と毎度思っているから。

 

他の人の忠告も戒めも聞いてるフリをしているけれども...

本当には響いていない。

 

相手が去るなら...

「偉そうに言われた」

「ナメられている」

親切の忠告すら

「相手の態度が悪い」

ことにしてしまっている。

 

負けたようにあしらわれるのが相当に悔しいのか...

言葉に出して...言ってしまってもいる。

 

「自分が悪い」

と思う時が無く人生を生きてきてしまったのなら...

それは...カラダだけ大きくなったとしても...

生れたままの幼稚な人間性で...

死んでしまうことになる。

 

でも、まさに

そうなのだ。

 

それがわかっていて、それを真似て

どうして幸せになんて辿り着ける?

 

(11)何が名家だ(笑)

f:id:okutavianus:20201124085903j:plain



 


父親の父方も母方も名家だった...ように口先ではアピールしてきたけれども...

何一つ名家だったことを物語るものは残されていないのだから...

「名家...ではなかった」ということなんだろう。

 

どころか...

むしろ「名家とは思えない痕跡」に辿り着くことが多かった。

 

祖父は「郷里で有力な企業の跡取り息子だった」と聞いていたんだが...

どうして継がずに郷里を捨てて都会に出てきたのか?

出てこなきゃならなかったのか?

外人のような名前の位牌の年齢は随分と若いんだけれども一体どんな関係なのか?

そもそも仏壇が信じる宗派じゃあ無垢の紫檀かなんとかなのに...

どうして我が家のは金箔だらけなのか?

どうしてそんなにあれもこれもが名家の基準に当てはまっていないのか?

 

...ひょっとして...

...真実や正道を...

知らずに模倣だけしてきたんじゃないのか?

 

祖父は父親の若い頃になくなっていて...いわゆる母子家庭だった...

 

それでもその祖父を賢く優秀な人物であるように英雄扱いして私には聞かせたもんだが...

やがて見聞きする遺品や伝わる話からは...

父親の言っていることとは随分相違がある。

 

「大卒らしい(らしい...って何?)とは言っていたが...卒業証書は残されていない。

「病気でやむなく命を落とした」と言うんだが...

それ以前は大酒飲みで、女癖も悪かった...と違う人からは聞く。

 

いや、その方が...”父”と同じなので、納得してしまう。

 

どうして...”事実”を認めたくなかったんだろうか?

祖父の生前を見たことが無い人々には

それをいいことに”事実”を

塗り替えてしまいたかったんだろうか?

塗り替えてしまいたいほどに

知られたくない実態だったんだろうか...

 

嫁いできた母親はいまだ気が付いていないのかもしれない。

立派な家庭に嫁いだと信用しているかもしれないので

今更ひっくり返すこともない。

そこが家庭だと思っているから。

そこしか家庭だと思って疑うことなく生きてきたから。

 

何ゆえに「名家でありたかった」のかなんて自分にはわからない。

 

ただ...そんな事実ではないことを装飾するかのような努力は...

実も結ばないし、結果誰の幸せにもつながらなかった。

 

父は...かなり派手なことを何十年とのたまい、うそぶいてきたが...

現在の景色は...

”風の前の塵に同じ”

を連想させる。

 

自分は...

そのようにはなりたくない。

 

それだけ。

(10)イメージ操作

f:id:okutavianus:20201122124826j:plain



 

自分のことを下人と言うのはそういうこと。

別に卑下しているわけじゃないし、謙遜でもない。

歴史と現実を冷静に分析して判断しているだけのこと。

 

父親が聞かせ、見せていたものは...

先祖や家系の話を含めて...虚像...だったことは残念?ながら確定した。

 

先祖や生い立ちなんて全く興味はなかったので、別にこちらから聞くことはなかったんだけれども...

よーく披露していた。

写真や資料まで見せて。

 

子供の頃なので「凄い」というよりも、それらの資料の古さに戦争のニオイがして...気持ち悪い印象の方が強かった。

 

が...成長すると少しずつ気が付くようになる。

他の家庭との交流が増えるので。

比較対象が増えるという言い方も出来る。

 

他人さんなのでそんなにも自慢するはずもないのだが...

自慢されなくても...我が家とレベルが違うことぐらいはわかるようになる。

自分の親が一番の大人だった...はずなのに...

「楽にそれを超えている人々」が次々と現れる。

 

一体何だったんだ。あの「代々優秀で尊敬されてきた一家」という自慢は。

 

母方一族も似たようなもんだった。

偉そうに恰好ばかりつけるくせして...

やっぱり仕事の時間が圧倒的に少ない

のだ。

遊びたいから。

趣味に興じたいから。

 

両家併せて趣味の多いこと。

披露出来ないぐらいの趣味があって、家中道具の山になっていた。

男坊主は「家にとどまらず、遊び歩くのが恰好いい」

と教育されるような環境だった。

 

自分(私)は...

見事なほどに、影響を受けた。

 

社会に出た時は...

あれだけ嫌っていた父親と

ソックリになって登場したというわけ。

 

なんたる皮肉...

 

なんとか表面的体面は姑息に繕ってきたものの...

本当に10年ほど前まで仕事はうまく行かなかった。

当たり前だ。

意識は”趣味”に逃げていたので。

だから...自分も散々に言い訳をし、虚飾に励んだ。

 

つまり...そこまでは...父親を軽蔑しつつ...

実は「父親と変わらない人生」を送っていた...ということだ。

 

こうしてあれやこれやと分析し、その事実を受け入れられるようになってみると...

...もう否定はあり得ない。

 

見られて困ること

知られて困ることがないのなら

大声のアピールなんて必要ない。

ただただ黙って堂々としてりゃいい

だけのこと。

 

”本当のこと”

”実体”を

見られたら困る

知られたら恥ずかしい

から

 

見られる前に

知られる前に

 

イメージ操作しておきたかった

 

ということだ。

 

それでもDNAの威力は侮れなくて...

今尚、知らずのうちに虚勢を張ろうとする瞬間に気が付いてしまったりするので...

そんな時のためなのだ。

「どうせ俺は下人の分際なんだから」

と言い切るのは。

 

そう。

恰好つけずに済むので、

正直にしていられるし、

堂々としていられるし、

何よりも楽なのだ。

 

(9)分岐点

f:id:okutavianus:20201120090046j:plain



 

「成りたい願望」と「現状の行動や思考」が乖離しているのが下人。

 

自分にとっちゃあ父親は、まさにその象徴。

服も脱ぎっぱなし...

どころじゃない。

扉も開けっ放しで、「閉める」とい動作を知らない。

もちろんご飯も食べっぱなし。

 

「時代がそうだから...」

ではない...

ドアの扉ぐらいは....普通は開けたら閉める。

冬なんて寒いので。

なのに...それさえも...”しない”のだ。

 

「どうして?」

なんて私にわかるはずがない。

まあ予想出来るのは...

扉の開閉が必要のない家に暮らしていたか...

誰かが閉めてくれる家だったんだろう。

 

恐らく...

両方なんだけれども...

 

また...そのあたりの「だらしなさ」を指摘されると...

まずは...直そうとするどころか...

面白くもないジョークで誤魔化そうとする。

 

もちろん誰も笑わないのだけれども...

そうなると急に不機嫌になり...やがて烈火のごとく怒り出す。

 

怒りだすと...その感情は止められず...「俺は仕事を一生懸命やっているんだ」と...

指摘とは全く関係のないところまで火の粉は散らばって....

挙句...家を飛び出して行ったりしてしまう...

 

何度も見てきた。

何なんだろうあの激情は...

 

馬鹿なのか...

原始人に極めて近いのか...

その”がさつさ”を...男らしい...とでも思っているのか...

 

そんな...”基本的”なことも出来ないクセして...

仕事は出来るはずもないのだが...

誰にも見られるものではないのをいいことに...

「相当にデキる人間である」ように”家族には”自慢してきた。

そして、それを認め、感謝しないと...

「お前らは誰のおかげで飯が食えると思っているんだ」と....

やっぱり激情した。

 

確かに...「食わしてもらっていた」ので...

まあ、そうなった時は...黙るしかなかった。

 

小さな頃に流行った”ゴジラ”を真似てるんじゃないのか?とか思ったりもするぐらいにしょっちゅう吠えていた。

 

他人事じゃないのだ。

こうして冷静に振り返ってみれば...

そこまで酷くはないけれども...

自分(私)もそのDNAは持っている。

若かりし頃はしょっちゅう爆発していたし...

気が付いてからも抑えられない衝動にかられたことも何度もある。

DNAのせいにばかりしちゃいけないんだろうけど...

幼稚な人間性は「ちゃんと遺伝した」ということだ。

 


ここも自分の課題ゆえに...

「少しずつ」だけれども...年々と抑えられるようにはなっている。

 

それは「親父からのDNAを削ぎ落す」

という使命感とは違って...

そんなに感情的になっていては...「幸せ」や「成功」なんてあり得ないからだ。

 

「もう一歩」「あと一歩」どころじゃない。

事の入り口でカっとなって、それを収められずに...

どれだけの事柄を出足早々台無しにしてきたことか...

 

父親は「幼稚な人間性」なんて指摘されると...今でもすぐに激情する。

「低い評価」を感情を抑えて受け入れることが全く出来ない。

自分(私)は...「見抜かれている」と納得する。

ようにしている。

しなきゃいけないと言い聞かせている。

 

その”分岐点”で人生は大きく変わる

と思うようになったから。

(8) ともかく地上に出ることから  

 

f:id:okutavianus:20201118100345j:plain

 

こうやって自分を解剖してみると...

”大志”を想定出来なかったのは...

 

未来を考えた時に、

まずは脳裏に浮かぶのが...

「失敗はしたくない」

 

であって..

「成功」の想像までには届かない思考回路だったからだと思う。

 

いや、~だった~じゃない。

今もそうだ。

 

何処に向かっているのかなんてわからないし、知ろうともしない。

ともかく「落とし穴」にだけは落ちないように、”そこにだけ”は気をつけていて...

それでも何度か落っこちそうになったけど...

”その時だけ”は必死になることが出来て...

 

実に効率の悪い生き方なんだろうけど...

そんな人生だったと思うし、今後も変わらないと思う。

これが父親からのDNAと育った環境の複合技だからだ。

どうしようもない”気質”なのだから...

受け入れて...素直に生きるべき...だと思うようになっている。

 

いや、そうなってからの方が...

うんとスムーズに生きていられるような気がする。

繕う必要がないというか、恰好つけなくていいというか...

 

父親の内心はわからない。

が、表現型は勇敢で根性もあって努力家で、そのくせユーモアもあって尊敬され多くの信頼を得ている....

いや、得ていたい...としている。

が...”事実”と真逆なのだ。

 

その乖離の具合が...

恐らく彼を苦しめ...

信じられないほどの喜怒哀楽を見せるのだろう。

 

歳を取ったからじゃない。

私に記憶が芽生えた頃から...

何も変わっていない。

 

何処でそう考えるようになったのかは知らないけれども...

自分の理想とする虚像を実現出来ないもどかしさや悔しさで精神が破綻しているのだろう。

 

そのDNAは持つけど...

そうはなりたくない。

 

それが「破綻したくない」という習性を身に着けさせたんだと思う。

 

それでいい。

恐ろしいほどの失敗はしてきたけれども...

確かに破綻はしなかった。

今のところ家庭も破綻はさせていない。

仕事も破綻はさせていない。

それでいい。

 

ともかく普通の家族にすること。

 

そこに至っていないから下人だと言っている。

父親も下人ならば俺も下人。

それは事実なので仕方のないこと。

 

ただ...

自分の子供の代からは...

下人を受け継がず...普通の家族になって欲しい。

そうすれば...

三代もするなら...(自分から言うとひ孫か?)

 

きっと大志を抱けるようになる。