読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほどほどにしか頑張らないぞ

f:id:okutavianus:20170424112234j:plain


資料の整理をしていたら、とある資格の「開講の知らせ」が出てきた。

ざっと3年前のだ。

 

そういえば....現在の仕事に関する資格であっても、その必要性は認識しつつも、「勉強に振り向ける時間なんか取れるはずもない」と長年諦めていたものを....

その時は何故か「エイヤっと」無責任にも開始した。

清水の舞台から飛び降りるほどに大袈裟なものではないが、レポート提出の期限が細かく設定されていて、忙しさ理由での遅延は許されない。のが最大の敬遠理由だったのに。

 

実際に、内容はさほどに高度なものではなかったが、時間はかかった。

平日で毎日30分、土日は1時間ずつ、で、ようやくついていけただろうか?

なので、平日一日サボると、次の日は自然と1時間はやらねばならなくなった。

 

この強迫観念があるので、なかなかサボれないし、溜められない。

受験生の時でさえ、そんな環境に置かれたことがないので、ストレスはかなりあったが、それでも無事1年終了した。

 

そう、もともと勉強時間を確保するなんざ、無理だったのだ。

 

が、この経験でちょいといい気になって、もう一つ資格を取りにいった。

それもギリギリで成功した。

 

「なら、もう一丁」

 

ということで、日常に学習時間を強いる生活が3年目に突入していたんだが....

まあ、一見充実しているように見えてはいたものの、けっこういろいろなことを犠牲にもしていることに気が付き出した。

たかだか1時間、たかだか30分、なので、努力次第のようにも思うが、ことはそんなに単純じゃない。

 

トレーニングすら、継続するために時間を確保するのがもともと手一杯だったのだ。

 

気が付いたら強迫観念に仕切られる生活になっていた。

さほどに苦しいものでもないが、何も楽しくないのも事実。

飲み会に出かける際でも、テキストコピーして、地下鉄の中でも勉強....

 

やらなきゃいけない感から、付き合いを断ることもしばしば....

「オレは....遊んでる場合じゃないんだって」という優越感なのか?強がりなのか?深層は劣等感なのか?

よくわからない意地を張ってきたりもしたが....

 

ともかく一旦「普通の頑張り」で、①仕事、②家事(ほんの少し)、③トレーニング、④勉強としてみたら....

面白いぐらいに(面白くないが)勉強にたどり着かない。

この10日で30分しか出来ていない。

 

かといって日常をサボっているつもりもないし、この期間内にこなした仕事の量はけっこうなもので、それなりの収穫も大きなものだった。

 

ん?この生活のどこがいけない?

 

別に結論めいたことを出す必要もないと思うが、

何が正しいのか?

そんな単純でもないように思う。

 

この10日間、勉強は出来ていないが、着手したことは少なくない。

それも大事なことなんじゃないのかな。

う~ん、よくわからんな。

 

ともかく、無理からに勉強時間作っていたときよりも、アチラコチラが片付き出したのは確かかな?

そして....遅れていたトレーニングメニューの消化も元に戻った。

そして....プライベートな知り合いとの交流も増えてきた。

 

頑張るってのも必要なんだろうけど、なんか必死の形相して、「近づきたくねえや」ってな奴居るけど....

そんなニオイ出てたのかも?

 

ま、勉強も諦めたわけじゃないけど....

よくある「1年で最短合格」...みたいなのはヤメよう。

本業が勉強である学生さんじゃないんだし。

本業大切にしないと。

まあ亀の歩みで10年ぐらいかけて....で、程良い頑張りなんだろう。

時効の停止

f:id:okutavianus:20170419110326j:plain


...という発表の前から実はサボっていて...

先週の金曜日から、「必須消化メニュー」の中から消化しきれないものを残してきている。

 

以前なら、この週末を利用して、リカバーを試みた....と、思う。

これまでも、少なくとも、ここ5年ほどは、そうしてきたと、思う。

が、今回はそれを止めた。

 

永遠に止めてしまうつもりもないが、このあまりにも「視野の狭い頑張り」で、他に犠牲にしていることがあるんじゃないだろうか?と思えてきたからだ。

 

先が長くなくなったから、”今”頑張っておかなきゃならないように、

先が長くなくなったから、”今”体験しておいた方が良いこともあるだろうに、かと....

 

難しい理屈はわからないが、何のために「必須消化メニュー」などこさえて頑張っているのか?といえば、明快な答もない。

過去の後悔や未来の不安への穴埋めと言ってしまうなら、そうかもしれない....ぐらい具体的な目標もない。

同じ”ぐうたら仲間”の衰退に恐怖心を抱き、尻に火がついているだけのことかもしれない。

 

まあ、でも、悪いことをしているわけじゃないと”ほぼ無心”で続けてきたが、この一年、どうにもロクでもないことばかり起きてしまうのは、ロクでもないことが起きているんじゃなく、

ごいさんの言う「いつもぎりぎりだといざという時に対処もできない。」状態になっていたのかしらん?と。

 

これもやらなきゃ、これも今日中、あれもあったか、こっちもまだか....

の毎日だと、何かのアクシデントが起こったり、アクシデントどころか、せっかくお誘いいただいているのに....自分のスケジュールを崩されるのが嫌で...ついつい、

「イラっとする」

のが習慣になってきた気がして....

 

で、少し無理してまで消化するのを止めてみた。

 

別にサボっているというわけでもない。

相変わらず仕事中心だが、少しだけ”慌てないように”はしているか?

なので”消化量”が少なくて、ついつい残してしまっているというわけ。

 

が、これが本来のペースというか、無理のない消化量なのかな?という気もしている。

 

少し出来た余裕で、携帯を替え、海にも出かけてみた。

わずかな時間の出来事なので、特に感想もないんだが....

 

新しい携帯を使うのはちょっと嬉しいかな?

そういや、そういう、「嬉しい」ってなこと、しばらくなかったような気はしている。

このところ...なんだか少し...イライラするわ

f:id:okutavianus:20170416175405j:plain

 

ということで、少し、サボることにした。

 

もともと、それほどに我武者羅になっていたわけでもないが、隙間隙間に用事を埋め込み、隙間のある生活はダメ人間、のようにするクセがついてしまったのか?

タバコをやめてしまってみたら、深呼吸すらする時間を失くしているんだろう。

なんだかイラつく....イラつくインターバルが短くなって....けっこうすぐにイラつく....と。

 

たしかに何もやっていない頃に比べるなら、ある程度「形」は頑張っているんだが.....

果たして、このようなイラつきが出てきて、そりゃ精神衛生上果たして良い効果と言えるのかとも。

 

いろいろな意味で、もう頑張れる時間も多くはない。

それゆえの頑張りだと言い聞かせてもきたが...

楽しめる時間が少なくなっていくってことでもある。

 

多くの趣味やスポーツでも、カラダが元気で初めて楽しめるというものもある。

まずは仕事だ、トレーニングだ、勉強だ、としているのはいいが....そのために、あまりにもやれることややりたいことまで、遠ざけてやしないかと。

 

飲み会もそう。

自分のスケジュール消化の邪魔になるようなときは、断ってきたりもしたが...

必ずしも、一週間できっちり消化しなきゃ処罰されるってものでもないだろうに。

 

自分だけが頑張っている...とまでは言わないが、どっかに犠牲的精神や「わかってくれよ精神」があって、楽しそうにしている奴らにムカついたりするようになってるんじゃないのか?

 


そりゃあ、歪んでいるというものだぜよ。

とばっちり、とも言うよな。

 


隙間のない人間....

つまり間接の無い人間のようなもんか?

筋肉と筋肉、骨と骨が密接に繋がっているなら、無駄なくMAXで力を発揮できそうなもんだが、あまりに「遊び」がなさすぎて、各部が悲鳴を上げそうだ。

 

ということで、たまには緩めているつもりなんだが....

かれこれ勉強を加えたこの3年、ちょっと窮屈になってきているのかもしれん。

 

少し....解放してみようか....

 

お若いのは若者じゃないから

f:id:okutavianus:20170411102413j:plain


そういや先日、ようやくの「君の名は」を見た。

そして....東京タラレバ娘の主題歌の「TOKYO GIRL」のPVも見た。

 

内容の感想はともかくとして....

とっくの昔に、このような光景は「自分には全く似合わない世界」になっていることをハッキリと気が付かされた...かな?

なんだか....それは....最近のモヤモヤと、同じモノじゃないか?というような気もしている。

 

自らフケ込むこともない。

だから若さを維持してゆくというのも悪くないと思う。

が、似合わないほどの”若作り”は格好悪いというよりも、もはや気の毒な様相だと、思い知るべきだと感じたわけだ。

 

感じた...よりも”確信”に近いと思う。

何のためだかわからないが、わからなくても、街の中を走り回って、ともかく明日のためか?未来のためか?恋人のためか?何でも良いのか?

詰まる想いを抱えて、ともかく我武者羅に走り回って、疾走する姿は....

”若い”から美しい。

 

「若さの特権」

なんて言葉がそういやあったが、なくなってみるとわかるもんだ。

残念だが、自分の疾走する姿は、もはや見苦しいというか、痛々しいだろう。

「あのオッサン、もう必死すぎて、なんか、やらかしたんか?」

ぐらいに。

 

たしかに....異常なぐらいの若づくりのファッションや、若者言葉を常に駆使して、若さの追求に妙にポジティブな人も居らっしゃるが....

たしかに「老けては」見えないものの、年齢より若くは見える....かもしれないものの....

確実に「格好悪い」

 

その答えは簡単で、「似合わない」からだ。

 

少しばかり増えすぎてしまっている「努力の選択肢」のうちから一つ、

「そこはもう必要ないって」

もしくは

「もうちょっと違う方向見つけないと」

ってなことになってきたかな?

 

悪いことじゃない。

少し頭の中の整理が進む。

2ch「スタバが満員で帰ろうとした女性 おじさんが一言「どいつもこいつも飲み終わってるだろ!ここはパソコン教室じゃない!」には大笑い

f:id:okutavianus:20170408142931j:plain

 


....というか、本筋ではない解説に感心。

たしかにそうだよな....Mac開いて、薄ひげ生やして、眼鏡かけて、....

って、スタバが「格好良く見せる場」的な人....居るよな、と。

いやいや、批難しているわけじゃない。

実際格好良い人も居るし...

 

やっぱ時代は変わるんだよな、と。

 

トロピカルで山下達郎な時代に育った自分としては、都会にあってもどっか海を、ゲレンデを、彷彿させるようなナウいヤングが格好良いものだとのイメージが残っていただけに....

高層ビルの夜景と二分するような地方生き残り分野もあるだろうと、どこかで信じていたんだが....

ガラガラの、しかも外人だらけに占領されたゲレンデや、ジジイやババァどもばっかになってしまったサーフビーチの「謎」が今ハッキリわかったわ。

 

若者にとって、いやさ、若者ぶりたい者まで含んで、そんな「自然臭い場所」は虫も居るし、潮臭いし、暑いし、寒いし、スマートじゃなくって....嫌なのさ(笑)

 

スマホって言うからスマートを忘れていたが、うまいこと表現したもんだ。

コンパクトパソコンじゃないんだよな。

スマートなんだよ、スマートだからなんだよ、スマートが必然なんだろう。

 

別に、若者ぶりたいわけでもないし、競おうってな魂胆もないんだが...

なんだかズレているような気がしてシックリきていない部分がわかったかな?

 

まさか....眼鏡やパソコンや携帯が「格好をつける道具」になっていて、サーフボードやスノボがダサい道具になり果てるとは(笑)

 

....そういえば....車...もかつては格好つける道具だったけど....

飲み会にゃ使えないし、渋滞も使えないし、長時間駐車の用件にも使えないし....ってことで、けっこう「格好つけられる用件に限って」出番なし、になってないか?

 

まあ、時代が変わってるのか?日本が変わっているのか?進歩しているのか?高度化しているのか?貧乏になっているのか?知らんけど....

「昔とは違う」ことだけは確かだな。

 

なんか....また、たくさん捨てなきゃならないものが出てくるんだろうな。

どうもありがとうMr.ロボット

f:id:okutavianus:20170328105747j:plain


ええっ?気絶でもしてたのか?

今回はちょっとばかしインターバル短め、で登場できた、と思ったのに...

それでも一週間以上経っていたとは....

 

さほどに濃厚なスケジュールをこなしているわけじゃあないんだが....

余裕の無い生活なんだろう。

 

気を紛らわす余裕さえない生活は、充実に近いものなのか?と思っていたこともある。

効率良くスケジュールを埋め、さらには、そこに出来たわずかな隙間にも、やれることを見つけ、無駄の無い一日に仕立てること自体が、あたかも人生の目標でもあるような。

 

実際、さほどの目標が達成できる身分だとは思っちゃいない。

いや、その目標とておぼろげ過ぎる。

どこに向かっているのか?どれぐらい出来ているのか?もう無理なのか?

 

多分....その限界線は年々ハッキリしてきている...はずなのに...。

ただ、ただただ、それを認めたくないんだろう。

だから、自分を誤魔化すように、まだやれるんだよな、まだ足は止めてないぞ、少しの可能性でもあれば....

と、気付いていないフリして焚きつけているんだろう。

 

そして多分、こんな生活が出来るのも、もうそれほどの期間ではなくなっているんだろうと....

それもどこかで自認しているんだと思う。

 

ただ....時間のかかる遊びのお誘いは、瞬間的に断ってしまうクセがついている。

他のことが出来なくなるからだ。

出来なくなった他のことは後からでも、溜まっても、やらなきゃいけないと思うのが、億劫だからだ。

ひょっとかして...「緻密なスケジュール消化ロボット化」してないか?オレ?

 

ま、それほどまでではないけれど...

「楽しい用事を見つける」ことより「楽しくない用事でも消化する」ってことに重きを置いた生活だよな。

 


どっか...

おかしいような気もする。

志...低っ

f:id:okutavianus:20170320171112j:plain

 

ちょいと油断しているとすぐにこれだ。

また、更新忘れている(笑)

なので、前に書いた文章もスッカリ忘れているので、つながらないどころか、自己反駁しちゃってるかもしれない。

ま、しょうがない。

 


しょうがないと言えば、昔からの「目標の低さ」がある。

いや、正確には「志の低さ」か?

につれての「目標の低さ」になるだろうから、あちらこちらに散らばった「目標」はどれもこれも「低いもの」だらけでやってきている。

ただ...数だけ多いので、「やりきれていない」だけのこと。

 


わざとそうしているわけじゃない。

魂胆があるわけでもなし、ポリシーがあるわけでもない。

むしろ...ごく自然に...だ。

 


親も学校の先生も、大きな事を言っていた気がする。

「将来は?」「夢は?」「目標は?」

 

伝記?というのかな?そんなものもけっこう読んだ。

スポーツ番組や映画も。

 

が、今で言うなら、そこに居ただろう当時の錦織やイチローや、小泉進次郎桑田佳祐さんのように「なりたい」と思う願望がなかった。

いや、孫正義にも、もちろん村上春樹にも。

 

どうしてだか、そんなものはわからない。

ただ、そうだった、ということだけだから。

「金持ちのがいいな」とか「世界のアチコチに出かけてみたい」...のような漠然とした願望ぐらいはあったが、決して具体的ではないので、”そのために”何かをしてみよう...とはならなかった。

 

むしろ...「斜に構えること」に憧れ、それが心地良かった。

萩原健一ではなく、木暮修が好きだった。

プロデビューする前のチンピラ矢吹丈が好きだった。

 

ぐうたら....ではなかったと思うが、「遠くの目標」やら「高い目標」は持っていなかったので、「何のために」と言われるなら、「日々の暮らしを快適なものにするため」ぐらいの頑張りだったと思う。

A...よりは、Bのがマシかな?...ぐらいの。

 

つまり...多分...他人から見たらば....「どっちでもいい」ぐらいのこだわりなので、志は異常なほどに「低かった」のかもしれない。

あまりにも「低い」ので、それはもう「志」とは呼べず、次の日には変わっていたり、一カ月もするなら「どうでもよくなっていた」ものも多数あったんだろう。

 

そうなると...一貫した「信念」やら「目標」なんて無いわけで、ざっくり言うなら「行きあたりバッタリ」の人生と言っても過言じゃない。かな?

 

そんなもんだったと思う。

良く言や「変化すること」に躊躇はしないが、頑なさはない。

従って「長い道のりを歩んでゆく」という覚悟もない。

覚悟もないまま社会に飛び出たので、あっちにはじかれ、こっちにド突かれ、そっちに押され....と、余計に「どこに向かっているんだろう」の人生だ。

 

小さな頃に先生や親の言うことよく聞いて、ちゃんとした「大きな目標」持っときゃ良かったかな?ともよく思う。

「これだ!」というもの見つけて、ひたすらそれに尽力してこりゃ違った人生だったかも、とかも思ったりする。

「この道一本」ってのを見つけて成功している奴を見ると、俺もそんなんあったら違った人生だったかな?とか思うこともある。

 

が、それができない性質だったんだろうし、気質だったんだろうし、環境だったんだろうし...というま、そういうのを「運命」って言うのかな?ってことだ。

 

なので、いい歳こいても、あまり変わっていない。

相変わらず「志」は低い。

身の回りにあること、起ることを片付け、眼の前にあること、起ることに対処する。

それでさえやりきれず一日が終わってしまう。.....

 

そんな人生だ。

 

 

哀しくもなく楽しくもないが、淡々とそんな人生だと思う。

それで、普通だ。と思っている。

 


ただ...

だからといっちゃ横柄だが

目の前の事も片付けられないのに、大きなことホザいている奴は嫌いだ。

何の目標のためだか知らんが、嘘の上塗り答弁繰り返しているような....

 

そんな人生ではないから、志は低かっても大して問題じゃないだろ、とは思うかな?

 

そんなことより三連休はやっぱり助かったな。

ようやく「スタートライン」に戻ってきたカンジになってきた。

どんだけ遅れとるっちゅうねん(笑)