緊箍児

小舟から...鉄の斧...そして...

リゾート大志

 

 

これでも案外「幸福」は追いかけていた。

何が幸福なのかはわかっちゃいなかったけれども...

クラーク先生の言う「大志」を目指すことには否定的でも「幸せ」にはあり付きたいと思っていた。

 

ゴージャスとまではいかないものの....”ゆとり”だったり”余裕”だったり”贅沢”...かな?

そういったところから「幸福感」は感じられるものじゃないか?となんとなく想定していた。

 

というところからも遊び狂っていたんだろう。

リゾートなんてまさに楽園で、「幸福に一番近い現実」だとおそらく認識していたように思われる。

 

「思われる」....というのは....自分が実際に体験してしまうまでは....ということ。

 

それが....全然「リゾートで」ではなかったということ。

 

勿論リゾートもいくつか体験いたしました。

それはそれで楽しかった...はず...なんだが....

竜宮城にでも居たんだろうか?

不思議なほどに今はその感情が残っていない。

 

いや、確かに何度か出かけた。

嘘じゃない。

が、「行った」という記憶があるだけの程度の感情で....

「幸せだったなぁ...」どころか、「楽しかったのかどうか?」さえあやふやだ。

 

解説することは難しくない。

自分の場合の幸福感は....意外なほどに....ゴージャスな体験からは届かなかったってことだ。

 

どころか....「大人の日常」にしちゃあダサ過ぎる....子供達とのダラダラとした戯れ...のような場面でやって来てしまった....

ということだ。

 

どうしてなのか?

なんてわかるはずもないし、考える必要もないだろう。

「”現実の結果”はそうだった」

ということで十分。

 

リゾートと大志を一緒にしちゃあいけないんだろうが...

どちらもある意味優秀、高尚、そして...ご立派だ。

 

が、そんなところに本当の感動なんてないのかもしれない。