唯一の趣味

f:id:okutavianus:20180210130201j:plain


記事の更新も間隔が空いてしまうぐらいなので....

スターを付ける習慣に時間を取られるのは正直シンドイ。

が、礼儀というか、暗黙のルールもあるような気がして、最低限は付けるようにはこれでも努力はしている...つもり...

 


...ぐらいなので

はてな」を軽く扱っているかのように思われるかもしれないが、新聞だって平均一日一分と読めていないだろうし...

テレビも平均すれば一日一時間がいいところ...

しかも、ながら読み...ながら視聴...

 


からすると...

これでも「はてな」には時間を割いている方なのだ。

 


はてな」には真面目な方が多いと感じている。

もちろん、選んで購読しているので、そうではない方も居るんだろう。

が、見させていただいている方は、皆真面目だ。

 


正直....「はてな」には重い方も多いように感じる。

が、それとて不真面目だからではない。

 


自分が少しばかりにでも...

頑張れているのは...「はてな」は無縁じゃないと思っている。

軽々しく人生を生きてきた自分にはリアルな生活で「真面目な知合い」が非常に乏しい。

居たとしても妙にひねくれていて、素直に肯定できなかったりする。

ゆえの軽々しい人生の選択でもあったかもしれない。

 


が、「はてな」に書かれている「真面目な所見」には、こんな自分でも素直に反省させられことが、実は少なくない。

ある意味「これだけちゃんと考えられてきているのに、それでもなかなかうまく行かないんだ...」と思わされると...

半分フザケの軽々しい対処でスリ抜けてきた自分の人生が、そうそう上手く行くはずもない...わな...」と...

「遅すぎた努力かもしれないけど...それぐらいないと帳尻合わないよな...」と。

素直に思わされることは、実は多い。

 


一日は24時間しかない。

一週間も7日しかない。

今現在はそれ以上の時限までを想定することが出来ないが....

その中で、

努力の種目を増やしたり、努力の範囲を広げようと思うなら...

そりゃあ何かは削らなければならなくなる。

断舎離とまでは言わないが、何もかも全部をやろうとするのは物理的にも無理なので。

 


そんなところから気が付いてみれば...多くの遊びや趣味やレジャーから離れている。

「止めよう」と決意したことはなかったと思うんだが...

まさに、気が付いたら離れている...

あれだけ好きで好きで仕方のなかったことや....止めようにも止められない...と思っていたことから離れている。

自分だって「どうしてなのか?」わかっちゃいないが....

...ある意味....ということは...「もともと大して好きでもなかったんじゃないの?」ってなことまで思ったりもする....

 


けっこう用具を伴うことも多いので、今はその残骸に囲まれて暮らしている。

いつの日か”復活”することもあるかもしれないので、今のところは簡単に捨てられないが...

こうしているうちにも、もう取り組めないカラダになってしまうかもしれない。

 


今の趣味は「飲みに出かけること」だけかもしれない。

カラダにはあまりよくないかもしれないけど....(笑)

あれだけの多趣味がせいぜい「丈夫なカラダ作り」ぐらいにしか役立っていなかったことを思うと...

ま、そのくらいで丁度良いかもしれないのかな?とか、思う。

 


ついで言うなら...唯一の趣味?なので店にはけっこうこだわるようにしている。